総量規制対象外とは?

総量規制対象外とは、貸金業法の総量規制が適用されないローンを指します。
総量規制は貸金業法という法律で定められている規制です。資金の使い道が自由で無担保無保証のローン(消費者金融やクレジットカード)を利用する際に、他社も含めて貸金業者が利用者に融資することができるトータルの金額が、本人の年収の3分の1を越えてはならないという決まりです。ちなみに、事業者向けの事業資金の貸付(ビジネスローン)には総量規制が適用されません。
総量規制は貸金業法が適用される貸金業者(ノンバンク)からの借り入れに適用されます。貸金業法に基づいて融資業務を行うのは、銀行以外の貸金業者で、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどが該当します。
貸金業法ではなく銀行法に基づいて融資を行う銀行には総量規制が適用されません。カードローンで総量規制対象外とは、銀行のローンを指します。総量規制が適用される消費者金融のローンは、パート・アルバイトで収入が少ない人や専業主婦の人は利用できません。総量規制が適用されない銀行カードローンは本人の年収額がゼロの人でも融資が受けられます。総量規制対象外とは、専業主婦の人でも利用できるカードローンであるということです。さらに収入がある人でも、年収の3分の1を超えて融資が受けられます。
消費者金融のローンでも総量規制対象外のローンがあります。消費者金融のローンで総量規制対象外とは、借り手に一方的になる融資に限って認められます。例えば、複数の金融会社から多重債務状態の人が、低利のローンを利用して借金を一本化する場合に、一時的に年収の3分の1を超える融資を受ける必要があるケースがあります。消費者金融業者でも、債務の一本化または借り換え目的で低い金利で融資を行う際は総量規制対象外となります。他にも、銀行以外の貸金業者が個人事業主向けに貸し付けを行うビジネスローンも総量規制対象外です。
総量規制対象外カードローンでおすすめは?おまとめするならこの1枚!はこちら